スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力芝

DSCN6646s.jpg
チカラシバが穂が開き始めました。
ペンギンくんは煙突掃除に使うらしい。

DSCN6661s.jpg
チムチムチェリー♪
煙突掃除は幸運の極み♪
スポンサーサイト

秋彼岸

DSCN8432b2.jpg
秋彼岸も中日を迎えました。

彼岸の入りと共に花芽を伸ばしていた曼珠沙華も
次つぎ天蓋のような花を開かせて、初秋の野辺を深紅に染め上げています。

曼珠沙華の名の由来は、
見るものを善行へいざなう天界の花からだとか。

あちらの世界とこちらの世界が最も近づくとされる時期だけに
この花をアンテナ代わりとして
御先祖さま達のパワーを受取れそうな気がします。

DSCN8403b2.jpg
もうひとつ、秋彼岸の御供えといえば、「おはぎ」。

ペンギン顔のおはぎ=「おペぎ」をこしらえてみました。
御ペン祖さまは喜んでくれたかな?

掬水月在手

DSCN8351bs.jpg
中秋の名月(旧暦の8月15日)に、
水を張った鉄鉢を用意して観月会を催しました。

DSCN8309bs.jpg
さて、上手にお月さまを迎えられるかな?

DSCN8277bs.jpg
良い具合に、満月の耀きが縁側に射し込んで来ました。

DSCN8324b2s.jpg
水面を揺らさないよう、息をひそめて観月します。

DSCN8331bs.jpg
清らかな月の光を浴びて心洗われたペンギン君たちなのでした。

まんまるペンギン

DSCN7308s.jpg
まんまるペンギン
さかざきちはる・冬の小さな展示 2010にて出品されました。

DSCN7311s.jpg
小丼 「まんまるペンギン」 限定110
小丼ですが、しっかりと盛り付け出来る容量があります。

ペンギンが海中を泳ぐ様子を描いている絵柄は、
ウニやヒトデを星に見立てると宇宙遊泳をしているようにも見えます。

DSCN7315s.jpg
レンゲ&レンゲ台セット 「まんまるペンギン」 限定110
レンゲだけでなく、レンゲ台にもペンギンがいます。
2010 12 02

祝 東京開催

DSCN7982-4bs.jpg
2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催決定、おめでとう。

招致に至らなかったスペインもトルコも親日国なので思いは複雑ですが
現在両国が抱える財政や地政学的不安定さを考えると、
今回は日本がオリンピックムーブメントを引受ける義務があると
思っていたので、無事東京が信任されて良かったです。

何より嬉しいことは、多くの人が夢や希望を持つチャンスが生まれたこと。
世界のトップアスリートを生観戦できるだけでも素晴らしいですが、スタッフや
ボランティアとして、また、選手として参加出来る人もいるかもしれない。

多感な時期にオリンピックを迎えられる子供たちが羨ましいです。

世界各国から多くの注目を浴びる事になりますが、
諸外国から観戦に訪れる人たちに、日本の伝統や文化に加えて、
震災や原子力災害の現状を肌で感じてもらえることも、
真に日本を理解してもらう上でとても良い事だと思います。

日本らしさを発揮して世界に誇れる素晴らしい大会にしたいですね。

DSCN8015-2bs.jpg
ちなみに、ペンギンくんによりますと、
2020年にはペギリンピック・ペラリンピックも開催される!?そうです。

秋のおやつ

DSCN7968bs.jpg
秋にちなんだお菓子を頂きました。

DSCN7919bs.jpg
マロンケーキと栗形の焼き菓子です。

DSCN7926bs.jpg
栗大好きなペンギンくんたち、大喜びで頂くことに。

美味しい物をありがとうございました。ペンギン一堂。

フレンドリーマグ・トリオ

DSCN7741bs.jpg
フレンドリーマグ・トリオ
一蝶美術アトリエ

(ラージマグとスモールマグは2013さかざきちはる展の
おもしろ陶器コーナーに於いても出品されました。)

DSCN7778bs.jpg
ラージマグカップ「輪投げ」

たっぷり300cc以上も入るのに薄くて軽い作りになっています。
仕事にじっくり取り組みたい時や趣味や読書など、
ゆったり過ごしたい時のお供として重宝しそう。

DSCN7780bs.jpg
スモールマグカップ「お人形」

スモールとは言っても200cc弱注げるので
日常使いとして充分な容量があります。

DSCN7824bs.jpg
裏面には共にコトコトペンギンが。

DSCN7784bs.jpg
スープマグカップ「木の葉」

贅沢にも、2009年の展示会で出品された
「銀彩スープカップ&ソーサー」のペンギンとチビスケの絵柄が
一緒に描かれています。

DSCN7788bs.jpg
緑色の彩色が、銀彩とは一味違う雰囲気でとても新鮮。

飲み口が広いので、ポタージュ系だけでなく
ミネストローネなど具だくさんスープも美味しく頂けそうです。

DSCN7856bs.jpg
器からミルクを注ぐ一瞬をとらえたような持ち手部分は
本体と一体で形成する鋳込み成型という難しい製法なのだそう。

充分な容量をもつ大人サイズの器たちですが、
こども用食器をイメージさせる愛らしいフォルムなので
子供時代のおやつ時に帰ったような
わくわく感を感じさせてくれる魔法のマグカップ・トリオです。

DSCN7872bs1.jpg
ラージ&スモールマグカップは裏印にも演出が・・・♪。

(まだ作品を手にしていない方がおられますので、
当分はモザイク加工をします。)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © IDLEWILD All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。