スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梔子

DSCN7131-2bs.jpg
ペンギン君たちが庭で梔子(クチナシ)見つけて来ました。

DSCN7123bs.jpg
四季の四香木(春の沈丁花、夏の梔子、秋の金木犀、冬の蝋梅)のひとつで、
熟した果実の様な甘い香りが漂います。

DSCN7126bs.jpg
焼酎に漬けると花酒になるそうなので、さっそく漬けてみました。
梔子酒はお風呂に入れても良いらしく、精神安静、安眠などの効能があるのだそう。

DSCN7118bs.jpg
完成まで3か月。
出来あがるのが待ち遠しいペンギン君たちでした。
スポンサーサイト

ペンギン織部模様風小鉢

DSCN7507s.jpg
ペンギン織部模様風小鉢 限定80
さかざきちはる・冬の小さな展示 2012 にて出品されました。

DSCN7505s.jpg
織部焼にみられる独特の抽象模様をアレンジしたのだそうです。
絞り文様の緑廊から伸びる短冊にひさご(瓢箪)、菱畳

DSCN7503s.jpg
織部の緑青色も随所に散りばめられています。
2012 12 02

ペンギン太公望シリーズ


DSCN7850as.jpg
ペンギン太公望シリーズ
さかざきちはる・冬の小さな展示 2012にて出品されました。

DSCN7500s.jpg
焼き物皿 「ペンギン太公望」 限定80
この絵を見て「日々是好日」という禅語が思い浮かびました。
御皿の上で止まっているのに動いてみえる絵柄です。

DSCN7852as.jpg
長皿&小皿セット「ペンギン太公望」 限定70

DSCN7483s.jpg
長皿「ペンギン太公望」
心象風景のような絵柄の世界に引き込まれ、
いつしか自分が魚釣りしているペンギンと一体になっていました。

DSCN7496s.jpg
小皿「ペンギン太公望」
しょうゆ皿。

DSCN7678as.jpg
白磁の心地よい「ゆらぎ」が、
レトロアンティークのような暖か味を与えてくれるシリーズです。

2012 12 02

唐子ペンギンシリーズ4

DSCN7103bs.jpg
<唐子ペンギン> 中華椀(ライス・スープ皿)「蝶遊び」 限定70

絵柄の解説(一蝶さんのアトリエ便りより)

蝶を追い、戯れて遊ぶ無邪気なペンギンの唐子たちです。

ペンギンが持っているのは「唐団扇」(からうちわ)です。
松・梅・春蘭が描かれています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「唐子(百子)からこ(ひゃくし)」とは
子供を描いた文様で、唐時代から盛んになり、日本に伝わって
唐子と呼ばれました。
子孫繁栄、家運隆盛を表すめでたい文様です。

DSCN6923bs.jpg
馥郁たる『紅梅』の香りをふりまいて歩くペンギンの絵柄。
百花の中でいち早く春を告げて咲く梅の花は
「清廉」「品格」「節操」を表す吉祥の印とされています。

DSCN6925bs.jpg
『唐団扇』はお相撲の行司の他、美しい装飾が施されて
琉球の祝賀舞踊などでも見る事ができます。

DSCN6921bs.jpg
『春蘭』は清らかで俗気を帯びない姿から
「菊、竹、梅」と組み合わせて「四君子」とされる吉祥花です。

DSCN6922bs.jpg
『蝶』は幼虫から脱皮を繰りして、美しい蝶となることから
再生・復活のシンボルとして或いは、御霊の象徴とされる絵柄です。

DSCN7107bs.jpg
器の底には茶目っけあるペンギン絵柄。

DSCN6720bs.jpg
口縁をぐるりと取り巻く柏葉状の花卉文様。
『柏』の名の由来には「ご飯を盛る」という意味合いがあり、
古来より神事に使われるなど、縁起の良い絵柄とされています。

唐子ペンギンシリーズ3


<唐子ペンギン> 中華皿プラター「三多文(仏手柑・桃・柘榴)皿」 限定70

絵柄の解説(一蝶さんのアトリエ便りより)

仏手柑(ぶしゅかん)・桃・石榴の3つを組み合わせて
"三多文"といいます。
仏手柑は福を、桃は長寿を、
石榴は子宝の男子、子孫繁栄をそれぞれにあらわし
「多福、多寿、多男子」の三多を寓意している文様です。

DSCN7059bs.jpg
仏手柑という果物をはじめて知りました。
インド原産の柑橘類で、仏陀が合掌している様な外観なのだそうです。

DSCN6900bs.jpg
御皿を縁取るのは 桃・牡丹・霊芝雲文。

DSCN6682bs.jpg
前菜からメイン料理、デザートまで、色々と実用範囲が広そうです。

つづく

唐子ペンギンシリーズ2

DSCN6978bs3.jpg
唐子ペンギン> 中華ラーメン丼&レンゲセット 「唐子遊び」(限定70)

絵柄の解説(一蝶さんのアトリエ便りより)

桃図の中に
凧揚げ遊び、蓮の葉の傘遊び※、
蝶遊びをしているペンギンの唐子たちを描きました。

※唐子は「多実」を表す蓮や葡萄と合わせてよく描かれます。
蓮や葡萄は実が多いことから子供が多いことにたとえられ、
子孫繁栄を象徴する吉祥文として描かれます。

桃は
三千年に一度実を付け、食べると寿命を延ばすとされる桃が
西王母から漢の武帝に与えられたとされ(西王母伝説)
桃は長寿を意味する吉祥文となりました。

DSCN6804bs.jpg
丼の見込み部分に3種の桃図が描かれています。

DSCN7057b2s.jpg
ラーメンの器に良くある雷紋や双喜模様をアレンジした様な絵柄

DSCN7036b2s3.jpg
九曜のような絵柄

DSCN7003b2s.jpg
セットのレンゲ。とっても薄くて軽い作りです。

DSCN7021b2s.jpg
ペンギンが持っている枝は何かな??

DSCN7026bs3.jpg
ラーメンが何倍も美味しくなりそう。

つづく

唐子ペンギンシリーズ

DSCN6572bs.jpg
唐子ペンギンシリーズ。
2013 さかざきちはる展PART1 ペンギンパレードにて出品されました。

今シリーズの魅力の一つに、
器をまたいで使われている「朱色」の存在があるように思います。

朱色は歳月によって変色しないことから、
古代中国において不老不死や瑞祥の象徴とされたり、
邪気を防ぎ、穢れを払うとして、
宮殿や神社、仏閣などで多く用いられてきた神聖かつ縁起の良い色。

特に日本では、天照大神信仰を通じて崇めてきた太陽を象徴する色でもあり、
大陸文化の大きな流れが、日本へ伝播して瑞々しく昇華した結果が
今回の器たちであると言えると思います。

中華器シリーズ絵柄の解説(一蝶さんのアトリエ便りより)

中華器の絵柄には
ペンギンの唐子、花鳥風月が描かれております。
古九谷を想わせる青、紫、緑、黄色の
濃い色で彩色されたひとつひとつの絵柄に
おめでたい吉祥の意味が込められております。

華麗で大胆で
かつ、愛らしく繊細な
趣向を凝らしたデザインに魅了される逸品です。

幸福、喜び、愛、命の賛歌を
中華器「唐子ペンギン」に込めました。

DSCN6945b2.jpg
<唐子ペンギン> 中華八角皿 「吉祥蓮弁花卉文皿」(限定70)

DSCN6583bs.jpg
太古より森羅万象を包含する形とされる八角の器に、花物、葉物などの植物(花卉)や
風趣に富んだ縁起物(吉祥)を配した釣鐘型のハスの花びら(蓮弁)が描かれています。

DSCN6963bs.jpg
左から 『菊花に花菱繋ぎ』 『ペンギンに波濤』 『梅花』 『孔雀に牡丹』

DSCN6958bs.jpg
同じく 『松と竹』 『ペンギンに山月』 『牡丹』 『尾長鳥』

吉祥図柄の解説(一蝶さんのアトリエ便りより)

『松竹梅』
冬の寒さに耐える松竹梅。
逆境にあっても変わることなく、節を守る人、また厚い友情をも表しています。

冬でも緑をたたえる常緑の松は長寿の象徴でもあり、
成長が早く、まっすぐに伸び、常緑の竹は長寿と子孫繁栄の象徴。
老木でも新しい枝が生える生命力、寒い時期に花を咲かせ
春を呼ぶとされる梅は不老長生の象徴です。

『ペンギンに波濤・ペンギンに山月』
”寿山福海(じゅさんふくかい)”を表し、岩山と波濤の文様は、
山のように絶えない寿と海のように尽きない福を表しています。

『孔雀』
孔雀は九徳を備える瑞鳥とされ、牡丹とともに描かれ富貴の象徴とされます。


不正確かもしれませんが、その他の絵柄の由来も記しておきます。

『牡丹』
絢爛豪華な容姿から百花の王と言われ、豊年の兆しとなるめでたい花(瑞花)として、
幸福、富貴、豪華さ、不老、長寿などの象徴となっています。

『菊花に花菱繋ぎ』
菊は日本における百花の王。吉兆花として延命や長寿、高貴さなどの象徴とされる。
花菱は大陸由来かつ伊勢の神紋としても用いられる格式ある文様。

『尾長鳥』
鳳凰や孔雀など吉祥の兆しを示す瑞鳥紋が日本に伝播する際に
独自に理想化、抽象化して形成された絵柄。
不老長寿、夫婦和合、子孫繁栄、恒久平和などを表しているようです。

DSCN6647bs.jpg
蔓をデザイン化した『唐草文様』も、長寿・繁栄・延命を表すとされています。

DSCN6584bs.jpg
側面『牡丹唐草文様』
大陸伝来の『唐花』文様を思わせるデザイン。
別名『富貴花』ともいわれ、富貴の象徴・ 繁栄のシンボルである牡丹と
茎をどこまでも伸ばしてゆくところから、長寿、子孫繁栄の象徴とされる唐草。
この二つを組み合わせ、万代まで続く富貴を表すとされています。

DSCN6926b.jpg
高台『蕉葉文様』
芭蕉の葉を模した紋様が仏の台座を囲む蓮弁の様にも見えます。

DSCN6607bs.jpg
全面に渡って贅沢に施された御目出度い絵柄の数々。
子々孫々に渡って大事にしたい器です。

つづく

藪蛇苺

DSCN9299s.jpg
裏庭から野草を収穫してきたペンギン君たち。

DSCN9334s.jpg
くちなわ苺(ヘビイチゴ)の仲間で、藪蛇苺です。

DSCN9312s.jpg
美味しそうに色づいていますが、
残念ながら美味しくないのであまり食用はしません。

DSCN9322s.jpg
それでは、いったい何に使うかと言えば…。

DSCN9336s.jpg
焼酎漬けにすると、とっても良く効くかゆみ止め薬になるんです。
これで庭遊びで蚊にさされも安心だね。

レモンすだち絞り器 フルーツパラダイス

DSCN8230b-2s.jpg
レモンすだち絞り器 フルーツパラダイス

一蝶さんがアトリエにて興に任せて絵付けした器のうちのひとつ
2013 さかざきちはる展 PART2 ブックバレード おもしろ陶器コーナーにて出品されました。

DSCN8175bs.jpg
まるで白磁のミルクにフルーツペンギン達がプカプカ浮いているよう。

DSCN8180-2bs.jpg
メロウなムードに誘われて、蝶の妖精も遊びに来ています。

DSCN8208bs.jpg
角を立てたホイップクリームのようなスクイーズ部分。

DSCN8218bs.jpg
横から見ると、まるでフルーツサンデーのようです。

どんぶり 「民芸」

DSCN8239bs.jpg
どんぶり 「民芸」

一蝶さんがアトリエにて興に任せて絵付けした器のうちのひとつ
2013 さかざきちはる展 PART2 ブックバレード おもしろ陶器コーナーにて出品されました。

DSCN8118bs.jpg
干支絵柄が贅沢に使われています。

DSCN8102bs.jpg
テンポよく散りばめられた梅の花が♪のようにも見えてきて、
音楽の調べが聞こえてくるようです。

DSCN8097bs.jpg
口が大きく開いている割には少し浅めになっていて、
おそうめんや冷麺に使っても良さそうです。

柿の花

DSCN9217.jpg
柿の木に花が咲いていました。

DSCN9248.jpg
咲き始めは鐘のような形をしています。
匂いは特にしませんが、蜂が蜜を求めてよく集まっています。

DSCN9239.jpg
ヘタは果実になった時の面影がすでにあります。

DSCN9245.jpg
豊穣の秋が待ち遠しいね。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © IDLEWILD All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。